趣味で小さい頃から続けているピアノ演奏を行っていますが、
最近使用していたピアノの調子が悪くなってきました。
調律の人が来たときにいろいろと聴いてみたところさすがに長年使いすぎている
ため、寿命が近づいているということでした。
そこでピアノを買い換えるためにいろいろな楽器店を探し回ったところ
中古楽器屋で割りとよいピアノが比較的に低価格で販売されているのを
見つけました。
そこで自営業者でも審査を受けることが出来る銀行系のカードローンを
利用して中古ピアノ購入資金の一部である30万円を借り入れしました。
カードローンの利用は初めてであり、会社員ではなく自営業者として
働いている自分はカードローンの利用が難しいのではないかと
考えていましたが、予想に反してすんなりとカードローンの借入れを
することが出来ました。
借入れしたお金は毎月少額ずつ無理のない範囲で返済を行って
行きます。
新しく購入した中古ピアノは音もとてもきれいであり、ピアノ演奏を

以前よりも楽しんでいます。

消費者金融が審査で神経を注ぐのが他社借入です。
この他社借入は件数が重要視されると共に、融資されている額もチェックを入れています。
件数が多いということは、それだけの額しか融資しかできない状態、つまり信用が低い状態にあります。
ゆえに希望額に足りない面を他社で借り入れる面もあるため、消費者金融では件数を重視しているのです。
また、クレジットカードの比較でみても、消費者金融は他社利用の捉え方に違いがハッキリしています。
クレジットカードがどれだけ利用したかの総額でみるのに対して、消費者金融はどれだけ他社を利用しているかを審査の中心に置いています。
クレジットカードの利用枠は利用者によってマチマチである点も、借りやすい消費者金融は、そこにはあります。
逆に消費者金融は無担保・無保証、収入証明書がない状態であれば最大で50万円であり、最大の融資枠が決まっているため、利用件数で契約者の信用状態を把握しやすいのです。
こうした消費者金融が提供する商品の特性からも、利用件数を重視する志向をみることができます。

 

カードローンの申し込み時の個人信用情報の照会とは

カードローンの申し込みをすると、銀行や消費者金融はどのような基準で融資を行うかどうかを決めているのか、申し込みをしたい人は気になる所です。
厳密な部分についてはそれぞれの銀行や消費者金融により異なりますが、共通している事は信用情報機関が管理をしている個人信用情報が照会され、申し込み者の信頼性の確認を行った上で融資を行うかどうかの判断をしていると言う事です。
個人信用情報には個人を特定する情報として、氏名、住所、勤務先、勤続年数、住居の形態や家族人数などの情報を得ることが出来ると言います。
因みに、個人信用情報は人間が照会するものであり、申し込みをした時に30分ほどで融資の可否が解る場合はコンピュータによる自動判定と言う事になるので照会は行われていません。
しかし、個人信用情報の中に借金をしている時の返済の進捗なども記録として残されていますし、自己破産や延滞と言った金融の事故の情報はブラックリストとして取り扱われることになるので、申し込みをしても断れてしまう事になります。
そのため、カードローンを審査する場合は、個人信用情報に特別な問題が無いと考えられる場合、申し込みをする事で融資が可能になると言うチャンスが増えると言う事です。

続きを読む≫ 2014/08/08 16:58:08 借入&返済

サラ金からの借入では源泉徴収票が必要となることがあります。これは、言わば自分の収入を証明するために提出する書類です。収入証明というのは、サラ金によって必要となる会社もあれば、必要ない会社もあります。サラ金から大きな金額を借入する場合は、大抵この書類が必要となるので、必要であれば源泉徴収票を準備しておくと良いです。サラ金から収入証明の提出を求められたときは、別に源泉徴収票でなくても、給与明細などでも利用できることがあります。自分の収入をしっかりと証明することができれば良いので、利用できる書類はいくつかあります。サラ金によってどのような書類を利用することができるのかは様々なので、申し込みをするときに確認しておくと良いです。もし、このような書類を準備することが出来ないときは、収入証明不要で借入できる会社を探すと良いです。そうすれば、運転免許証などの書類だけで、お金を借りることができる場合があります。

続きを読む≫ 2014/05/19 11:37:19 借入&返済

セゾンというと日本では割賦販売などのサービスを提供している信販会社として有名ですが、消費者金融と同じように融資を行うサービスも行っています。クレジットカードと一体になった物もありますから、使い方も便利だといえるでしょう。
クレジットカードと一体になっていますから、財布にカードを入れていても不自然ではありません。あからさまに消費者金融のカードが財布に入っているのは嫌だという人も多いですから、これは便利な物だと考えられます。
消費者金融としてのサービスは、基本的には国内で提供されていることが多いのですが、クレジットカードは海外で利用することもできます。日本国内でお金が必要となることもあると思いますが、海外でも必要になることはあるでしょう。クレジットカードで消費者金融と同じようにお金を借りることができれば、海外でも突然の出費に対して対応することができますから便利でしょう。セゾンのカードを持っておくメリットはこのようなところにもあるのです。

続きを読む≫ 2014/03/29 08:14:29 借入&返済